2. Beelineアプリについて

1. ルートモードとコンパスモード
Beeline Motoを利用して走る際には、ルートモードとコンパスモードの2つが使用可能です。ルート設定画面の左上の「ルートモード」トグルスイッチを使って、簡単にモードの切り替えが可能です。これら2つのモードそれぞれの詳細を以下に解説します。   ルートモード 単純にA地点からB地点に行きたい時のための...
水, 8月 14, 2019 at 7:27 午後
2. 自動ルート変更
ルートを設定する前に、Beelineアプリ設定メニューで「自動ルート変更」をオンにするかどうかを決めることが可能です。オンにした状態で、ルートを外れた場合、Beeline Motoは3秒以内に自動的にルートを変更します*。 具体的に進みたいルートがある場合は、「自動ルート変更」をオフの状態にしておけば、ルート...
木, 8月 15, 2019 at 9:45 午前
3. 初期設定
Beelineアプリでは様々な細かい設定が可能です。時計の12時間表示と24時間表示、時速のマイル表示とキロ表示、自動リルート設定の有無など、切り替えは「設定」メニューのところで設定するだけです。 またルートモードをご利用の場合には、自動車専用道路や有料道路など、避けたい道路を設定することもできます...
木, 8月 15, 2019 at 9:52 午前
4. 経路を確認する
Beelineアプリをご利用中、画面下側の真ん中のタブで、過去の経路/走行を閲覧することができます。Beelineを利用したライドは、こちらに自動的に保存されます。走行距離、ライドでの経過時間、及び各走行日時を確認することができます。 経路のどれかをタップすると、実際に走行したルートの概要(距離、走行時間、平...
木, 8月 15, 2019 at 9:54 午前
5. 目的地を選択しルート検索した経路にウェイポイント(経由地点)を追加する
アプリトップ画面で「目的地は?」をクリックすると、目的地を検索することができます。 地図上に表示された緑のピン(最終目的地)をクリックすると、ピンの周りの黒い円が消えます。その上で次の目的地を検索し選択すると、最後に設定した目的地が最終目的地となり、最初の目的地は経由地に設定されます。右上のメニューから...
木, 8月 15, 2019 at 9:55 午前
6. iOSやAndroidにGPXをインポートする
まずはじめに...GPXファイルってなに? GPXファイルとは、電子的に共有できるGPSデータのこと。通常は、これらのGPSデータはGPXルートの形でオンライン上に保存され、共有されています。これらのGPXルートをPCやスマホにダウンロードすることで、ファイルがワンタッチでGPSルートに変換されます。便利...
水, 9月 11, 2019 at 4:57 午後